What is the new hook “FSP-21F”?

エキスパートフックの新しいカタチ”FSP-21F” フィールドスタッフインプレッション

平打ちを施すことで高硬度を実現。トーナメントシーンに適したフックに進化したエキスパートフック


SP-21F基本形状はそのままに、しっかりとした平打ち加工

「FSP-21F」は定番フック「SP-21F」をタックルの進化に合わせてチューニング。
素材と製造工程を見直し、平打ちを施すことで高い硬度を実現。
近年メインとなりつつエステルラインでの使用を前提に開発されました。


細軸ながら強めに施した平打ちはトーナメントで最大の効果を発揮

その力を最大に発揮するのはわずかな時間のロスが勝敗の決め手になるトーナメント。
SP-21Fよりも高い硬度は、あと1匹が欲しい残り時間がわずかなトーナメント中に交換無しで攻め切ることが可能です。

明確に違いのわかる平打ち使用のFSP-21FとSP-21F

今回はエリアトーナメントの中でもメインストリームで使用される#8と#7を先行開発。
#8と#7はフックポイントの長さなど形状も最適化をしています。

丸軸由来のたわみを活かし、ソフトに針先を残していくSP-21F。
高い硬度の平打ち仕様でハードに仕掛けていけるFSP-21F。

タックルや釣り場、そして扱うアングラー…
キャラクターの違うふたつのフックはエリアトラウトの戦略を大きく広げてくれます。

硬さゆえの刺さりの速さ、初期掛かりの良さを感じられる <高橋 巧>

FSP-21Fを使用して感じたことは硬さから得られる強度面に安心感を感じられるということです。
あとは初期掛かり。通常のSP-21Fよりもワンテンポ速い段階で初期掛かりしやすいイメージがあります。

SP-21Fの方は柔らかさがあり、皮一枚でかかるようなシチュエーションでも柔軟に追従してくれてキャッチできる印象です。逆にFSP-21Fは硬さがあり刺さりの良さで仕掛けていける分、口切などでバラしやすい状況では使い分けをするとより釣果が伸ばせると思います。

#8は1g〜1.2gぐらいのシルエット感のスプーンから0.6gぐらいのスプーンで使用します。
1.5g〜2.0gまでのスプーンは#7がメインになりますね。
FSP-21Fは強度面でも安心感があるのでマイクロクランク用のフックとしても活躍してくれることがあると思っています。

SPとSWの間のイメージで使用できる新しいフック <赤泊 佳汰>

使用して感じていることは硬さが出たことで誘った際などカウンターでのフッキングが決まりやすいこと。後は遠投した遠くでのバイトがフッキングしやすいです。硬さがあるのでフッキングまでのスピードが速いイメージですね。

使い所としてはSPシリーズとSWシリーズの間をイメージしています。
ワイドゲイプにしてしまうと少し伸ばされやすく、SP-21Fだと少し口へのフック残りが悪い。そんな時が出しどころになります。
また、硬さがあるので比較的魚のサイズが小さいエリアでの放流がらみでも活躍してくれるフックだと思います。

#8はハントグランデ(ニュードロワー)やリクーゼ(ティモン)など1g前後のスプーンには幅広く使えます。
#7はバンナ(ニュードロワー)など1g台中盤のスプーンに最適です。
先ほどお話ししたように魚のサイズが小さめであれば放流でも活躍してくれると思います。